2017年03月15日

ながい坂 山本周五郎 を読んだ


著者が、晩年に書いた作品です。

人生を振り返り、いくばくかの関わりのあった人たちから、ヒントを得て書いた小説のようです。



主人公が、子供のころから、大志を抱き、成功していく姿を描いたものです。


関わりを持つ人たちは、人生の明暗を見せてくれます。


兄弟姉妹の当てにならない姿は、私の経験にも当てはまりました。


人が、どのように生きていくかは、人様々で、変える事はできない。


自由にできるとすれば、夢の演出になる。


小説の展開は、面白さを倍増させて、さすがです。


もっと、若いときに読んだら、立身出世物語と思ったかもしれない。

今だから、面白く読めたかもしれない。


私の良く行く本関係のネットショップです。


posted by iihida at 20:01| Comment(0) | ダイアリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: